スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Wフェイス+ボーダーop 


先日、思わず顔を埋めたくなった・・・と書いておりました
Wフェイス生地のワンピース、縫いあがりました




お袖、ポケット、見返しをボーダー生地で(見返しはストライプ柄になるように裁断しております)





デザインもシンプルだからこそ生地の良さが生きてくる
と実感できる1着です

実はこのワンピース、前回別の生地でお仕立てしたアレンジバージョン



fc2blog_201508221215007bf.jpg
真っ白なエーゲ海オーガニックコットン+チュール
こちらは「ハネムーンへ行く際に。」と素敵なご縁を頂戴しました

真っ白な生地だったので重ね着必須と思い襟ぐりを広めにしていたのですが
今回は冬生地ですので襟元も6㎜ずつ(合計2,4㎝、主に襟ぐり縦に深め、横を狭め)
のデザインに変更+ポケットを前より丸くアレンジしました。



ウール混のWフェイスニット

裏はほわほわ起毛、フリースのような手触りに似ています
ピリングが起きるかもしれませんが、
裏側ですので気にしないで良いのが嬉しいですよね。



こちらが裏面(ブラック)です



特に予定のないのんびりした一日にお召頂きたいなぁなんて思います
でもそのままお出かけもできる可愛さは兼ね備えている
お利口デイリーワンピース。
シンプルだし、ボーダーだし・・・
もちろん自分用も縫いました!





[2015/11/07 16:54] ソーイグ | TB(0) | CM(0)

心あたたまるもの 

いつも手が止まりかけた時に
驚くべきタイミングでお便りを下さる
お客様がいらっしゃるのですが
今回も手まつり作業前になかなか取りかかれずにいたら

『生地の性質によって手間暇かけて縫い上げられる様子は
まるで子供を育て上げるのと一緒のように感じました。』

とのお言葉を頂き、読みながら画面の文字が涙で滲みました
ミシンを走らせるのが大好きな私は手作業になるとついつい止まってしまうのですが
手まつりの神様が降臨してきて下さったのかと思うくらい楽しく幸せな
手縫い時間を過ごせました。


私は自分の制作に対する思いやこだわりは決して変えられ無いけれど
押し付けたり誇示したりするつもりも全く無いのです。
ただ私がそうしないと納得できないだけで…

でもその見えない部分を見て下さる方が1人でも居て下さる事に胸が熱くなりました。
いつも有難うございます!!



裾、袖&切り替え部分の縫い代の
抑えステッチを手まつり始末

ブークレーwoolは見返し際ステッチがどうしてもミシンで抑えたいので
バランスが悪くならないように
見返しと袖もミシン仕上げにしてあります。

wool にミシンを走らせるなんて、と仰られるかたもいらっしゃいます
私自身も基本、そう教わりましたが
時と場合によっては仕上がりのイメージや全体のバランスによっては
始末の選択肢を増やしていいという
偉大なパタンナーであり講師である師の教えを守っております^^

今回も厚みのあるwoolですのでステッチの響きはありますが
真っ赤なウールに全てのインパクトがいってしまうと
描いていたイメージよりきれいめになりすぎるので
ブークレーwoolの仕上がりを少しカジュアルに仕立てるためにも
飾りステッチを入れるぞ、ぐらいの気持ちでミシンを走らせました

キセは通常なら1センチかけるのですが今回はトリコットジャージの伸縮性も考えて
気持ち5ミリのキセにしました。


11月は裏毛ニットのロングskや変わりwoolや起毛コットンのワンピース
等を予定しています




いつもつたない文章を読んで下さって有り難うございます^^













[2015/11/02 22:35] ソーイグ | TB(0) | CM(0)

冬物は 

ファーストパターンから
裏地のパターンをとったり、キセをかけたり、
プレスの温度に気をつけたり…
といつもより工程が増えるので
制作に時間がかかってしまいます。

生地の厚みによってミシンの微調整や縫い代や始末を変えたり
一番美しく仕上がる手順や方法を選びながら少しずつ
型にしていっています。



厚みはあるけど軽く暖かいBlackブークレーwoolに
真っ赤なwoolと折り込みツィードwool
を合わせたwool×woolの異素材opです







ベージュベースにグレーとイエロー(ガーゼ)が混ざった
優しくも印象的な折り込みツィードwool

ふわふわで身も心も暖かくなるイタリー製wool




先日chouchouさんで一目惚れした真っ赤なwool
大人っぽく着こなせる「冬のリトルドレス」がテーマ



バックは深めのスリットに
Blackのベルベットリボンでシックさと可憐さを。



どちらとも最後の裾手まつりが
残っている借上げの状態ですが

この表に返してお洋服になった
状態を初めて見られる瞬間の
ワクワクと緊張と喜び(時に悲しみ)
はいつになっても慣れる事はありません

正解はいつまでも無いのかも
とその都度思います。
だから止まれないのかも…





息子が集めたハナミズキの実
真っ赤なwoolの生地と一緒

赤い実とそれをついばむ鳥をみていると
寒々しくなって色彩が減っていく季節の中
私はここよ、と鳥たちにそっと教える為にひときわ艶やかに輝いているように感じます
そうして次の季節へ運ばれていく為の鮮やかさだから
品と優しさを感じるのかも、なんて思うとまた好きなお色が増えます^^




今回は気持ちを一気に
切り替える為に
ザ、冬。
な作品からとりかかってみました。
次は裏毛ニットでカジュアル&デイリー
な作品にとりかかる予定です。





[2015/10/23 20:42] ソーイグ | TB(0) | CM(0)

Joy and Sorrow 作品 



先日のJoy and Sorrow、お洋服になりました^^





肉厚のブラックポンチと組み合わせて
とっても上品なドレスに




着られる方のコーディネートによって
様々なシーンに対応できるかと思います


秋冬の特別な1着に。

思い描いていた作品が出来上がるととても嬉しい気持ちに。
Joy and Sorrowは自分用では無いけれど、これを着ている頃の季節が楽しみになります^^






[2015/08/04 23:59] ソーイグ | TB(0) | CM(0)

Joy and Sorrow 

この夏にしたいこと

新しいデコラティブなパターンを完成させること

ずっと大切に置いておいた
Joy and Sorrowを裁断すること


パターンはやり始めると時間の感覚が無くなってしまう
気がつくと新聞配達の音が聞こえて
ハッとしてカーテンを開けると
空が明るんでいる…て事が数日続くから
もう日中、ボロボロボサボサ


寝ないと、と分かっているけど
数ミリのズレや辻褄が合わない時は
絶対に止められない
数字やラインのイメージが頭の中を
駆け回ってる間に線をひかないと
時間を置くと近くまで来てた答えが
遠のいてしまったり
眠ろうと横になった瞬間パッとひらめいて
また洋裁部屋に戻ったり・・・

なんて大層に書いてるけど
要するにセンスが無いんです
悲しいかな。
数字が苦手なのに0.25㎜の世界に
飛び込んでしまった


途中で止めるとどの時点のパターンに戻っていいやら分らなくなる
ファーストパターン、セカンドパターン、サード、、、と最終まで丁寧にとってきます



バックスタイルが美しいデザインに憑りつかれて
後ろ全身でのパターンの日々



そして二つ目の「Joy and Sorrow」を作品にすること

普段、というよりLIBERTYを作品にする事自体初めて
それぐらい惹きつけられた生地

青い鳥と茶色の鳥が真珠のネックレスをかけていてロマンチックかと思いきや
配色はピュアだけじゃない世界が垣間見えて
こういうちょっと倒錯した現実世界じゃないもの、惹かれてしまいます


「joy and sorrow」 
こういう世界すごく好きだなーと思って大切にとってありました
着丈分2mこれに、というデザインが決まるまで。と
思い続けてもう1年半で今日ふと裁断しようと思えたので
お洋服になったら改めて紹介させて頂きます



人参を間違えて2回続けて買ってしまって大量に余っていたので
裁断後にんじんケーキを焼いて冷ましていたら

口の周りオレンジ色をした息子が満面の笑みでスタスタ歩いて行ったので
もしやー、と思って走って見に行くと口サイズの穴

目撃者によると顔面をケーキに埋めていたとか。



すごく久々に焼いた割には美味しく出来た
けど、息子の顔面食いのおかげでレシピより塩味の増したであろうにんじんケーキ

これも私の好きなJoy and Sorrow, 喜びと悲しみ なのです。



最後にお知らせです^^

いつもお世話になっている神戸/須磨のchouchou annexe さんにて
9月に開催されるfiori.さんの展示会fiori.×花緒にご一緒させて頂ける事になりました


個人的にも大ファンであるfiori.さんのアクセサリー
昨夏に続いて実演販売して頂けるとのこと。
お客様のイメージとfiori.さんの世界観から生まれる
数々のアクセサリーを間近で拝見できると思うと今からドキドキワクワクがとまりません

私もまだまだ準備段階ですがお客様の心に残るお洋服を
1着でも多く仕立てられるよう日々努力してまいります

またこちらでも詳しく紹介させて頂きたく思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致しいます^^


fiori.×花緒
2015.9.17(木)-19(土)
 *初日  10:00-18:00
 *二日目 通常通り 11:00-18:00
 *最終日 11:00-17:00 予定








[2015/08/01 16:45] ソーイグ | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。