3月のイベント 

昨年、大好きな友達がブログを始めた事に影響を受けて
張り切って登録したものの、気がつけば約1年近く放置していた
というか、登録したことすら忘れていました・・・

3月って春気分になってるからか、余計に寒さが身に沁みる
気温が一気に下がると「しもやけ」と指先の「パックリ割れ」が再発
年々潤いがなくなってきているのか、冬の手荒れが酷くなる一方
奮発して高いクリーム(といっても2000円弱)買ったけど効果はイマイチ
老いさらばえたくないものです。

指は痛いけど、イベントは待ってくれない
という事で今日は昼から洋裁時間。
展示用の「紺のワークパンツ」

なんでこんな時に!?ってくらい硬い生地である事を思い出し、一瞬固まる・・・

「海軍のコートにも使われる生地で船上で風をなるべく
通さないために職人さんに依頼して横糸の本数を倍近く打ち込んでもらった上で
ヴィンテージ加工致しました。」

ていう文句を気に入って買ったのはワタシだけど、
あの時惹かれた気持ちは本物だけど、
だけど、両親指パックリいってる手にはまさに拷問・・・

ヒィヒィ言いながら仕上げました、血と涙の結晶「ワークパンツ」カミングスーン!です
撮ってないんかい!って感じですよね。
いやもう、指先は瀕死状態でシャッターを押す余力ゼロ。それから半泣きで夕飯の準備しました


展示用はボーダーの長Tで完成
販売用が1点なにしようかな。




確定している販売用作品






姉妹に作った赤いウールコート(サイズ90前後)
黒の大きなイカリボタンとふんわりラインの甘辛感が気に入った仕上がり。
m/3000円だけあって最高の質感。

でも季節外れじゃ・・・は心の内で密かに思って下さい。





ボーダー×革のポシェット
革フェスタで一目ぼれした押し型の革に
リネンラミー混の綿Wガーゼ生地で春夏使えるちょっとそこまでポシェット
(内ポケット1、チャームつき)
自分用にも作ったけれど私の長財布は入らず、テーマである「ちょっとそこまで」成らず。





ハーフリネンのワンショルダーバッグ
形が気に入って一番最初にとりかかったバッグ
算数大の苦手な私ですが久々に円周率計算しました、
という点でも勝手な理由で思い入れ強いバッグです(笑)
中はパッチ生地です。


「枠」というか「コンセプト」の決まっていないイベントって
難しいような自由なような、複雑。

でも来て下さる方には色んな作品を見て頂けるから
楽しんで貰えるんじゃないかな、と思います♪

がんばるぞー。





[2011/03/11 16:32] イベント | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://111room111.blog.fc2.com/tb.php/27-e36c5c5e