FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

隔世遺伝 

音楽会の代休で今日はお姉ちゃん2人が
末っ子のお山の教室の送迎に付き合ってくれました

どこでも、いつでも、なのですが
長女はチビッコ達に大人気
すぐ子供達に取り囲まれてしまいます

「おねーちゃん、いっしょにかえろ~」
「おねーちゃん、つぎはいつくるの?」
「おねーちゃん、ボクのおうちにきて
と長女の奪い合いに(笑)

でも不思議と皆で仲良く穏やかに(大盛り上がりで)遊べる
そんな空気になっていくのは
褒め上手で明るくていつも笑顔で
でも、ダメな事はダメ!と甘やかすだけじゃなく
必要な時には注意が出来る私の母のDNAだな、と
毎回思うのです
(母は保育所、幼稚園の先生でした)

母の働いている姿は何度も見たことがあるのですが
私たちを育ててくれている時と同じで
子供と遊んでいるというよりも、自分が一番楽しんでいる
周りがぱぁっと明るくなる太陽のような人です

母の様に子育てが天職の人っているんだなぁと
子供の頃からずっとずっと憧れていました
でも一番身近に偉大過ぎる先生がいたので
私が保育の道を目指すことはありませんでしたが
長女が「将来幼稚園か保育園の先生になりたいなぁ」
と言い出した時、とても嬉しく、そしてとても驚きました

祖母から私へ
母から私の娘へ

と、憧れが仕事となって繋がっていくのは
とても幸せな事だと最近とても思うのです



今回、2度目の「こども二科展」入選を頂いた
我が家の不思議ちゃん次女のDNAは
どこからやってきて誰に繋がっていくのでしょう?
これもまたとても興味深いです(笑)

絵心も特になくアートに特別興味のなかった夫婦を
美術館や展覧会へ連れて行く機会を作ってくれる
次女に心から感謝しています



















[2017/11/13 17:20] 日常 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://111room111.blog.fc2.com/tb.php/203-2c8cf214


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。