冬物は 

ファーストパターンから
裏地のパターンをとったり、キセをかけたり、
プレスの温度に気をつけたり…
といつもより工程が増えるので
制作に時間がかかってしまいます。

生地の厚みによってミシンの微調整や縫い代や始末を変えたり
一番美しく仕上がる手順や方法を選びながら少しずつ
型にしていっています。



厚みはあるけど軽く暖かいBlackブークレーwoolに
真っ赤なwoolと折り込みツィードwool
を合わせたwool×woolの異素材opです







ベージュベースにグレーとイエロー(ガーゼ)が混ざった
優しくも印象的な折り込みツィードwool

ふわふわで身も心も暖かくなるイタリー製wool




先日chouchouさんで一目惚れした真っ赤なwool
大人っぽく着こなせる「冬のリトルドレス」がテーマ



バックは深めのスリットに
Blackのベルベットリボンでシックさと可憐さを。



どちらとも最後の裾手まつりが
残っている借上げの状態ですが

この表に返してお洋服になった
状態を初めて見られる瞬間の
ワクワクと緊張と喜び(時に悲しみ)
はいつになっても慣れる事はありません

正解はいつまでも無いのかも
とその都度思います。
だから止まれないのかも…





息子が集めたハナミズキの実
真っ赤なwoolの生地と一緒

赤い実とそれをついばむ鳥をみていると
寒々しくなって色彩が減っていく季節の中
私はここよ、と鳥たちにそっと教える為にひときわ艶やかに輝いているように感じます
そうして次の季節へ運ばれていく為の鮮やかさだから
品と優しさを感じるのかも、なんて思うとまた好きなお色が増えます^^




今回は気持ちを一気に
切り替える為に
ザ、冬。
な作品からとりかかってみました。
次は裏毛ニットでカジュアル&デイリー
な作品にとりかかる予定です。





[2015/10/23 20:42] ソーイグ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://111room111.blog.fc2.com/tb.php/141-4a29a6e2