Joy and Sorrow 

この夏にしたいこと

新しいデコラティブなパターンを完成させること

ずっと大切に置いておいた
Joy and Sorrowを裁断すること


パターンはやり始めると時間の感覚が無くなってしまう
気がつくと新聞配達の音が聞こえて
ハッとしてカーテンを開けると
空が明るんでいる…て事が数日続くから
もう日中、ボロボロボサボサ


寝ないと、と分かっているけど
数ミリのズレや辻褄が合わない時は
絶対に止められない
数字やラインのイメージが頭の中を
駆け回ってる間に線をひかないと
時間を置くと近くまで来てた答えが
遠のいてしまったり
眠ろうと横になった瞬間パッとひらめいて
また洋裁部屋に戻ったり・・・

なんて大層に書いてるけど
要するにセンスが無いんです
悲しいかな。
数字が苦手なのに0.25㎜の世界に
飛び込んでしまった


途中で止めるとどの時点のパターンに戻っていいやら分らなくなる
ファーストパターン、セカンドパターン、サード、、、と最終まで丁寧にとってきます



バックスタイルが美しいデザインに憑りつかれて
後ろ全身でのパターンの日々



そして二つ目の「Joy and Sorrow」を作品にすること

普段、というよりLIBERTYを作品にする事自体初めて
それぐらい惹きつけられた生地

青い鳥と茶色の鳥が真珠のネックレスをかけていてロマンチックかと思いきや
配色はピュアだけじゃない世界が垣間見えて
こういうちょっと倒錯した現実世界じゃないもの、惹かれてしまいます


「joy and sorrow」 
こういう世界すごく好きだなーと思って大切にとってありました
着丈分2mこれに、というデザインが決まるまで。と
思い続けてもう1年半で今日ふと裁断しようと思えたので
お洋服になったら改めて紹介させて頂きます



人参を間違えて2回続けて買ってしまって大量に余っていたので
裁断後にんじんケーキを焼いて冷ましていたら

口の周りオレンジ色をした息子が満面の笑みでスタスタ歩いて行ったので
もしやー、と思って走って見に行くと口サイズの穴

目撃者によると顔面をケーキに埋めていたとか。



すごく久々に焼いた割には美味しく出来た
けど、息子の顔面食いのおかげでレシピより塩味の増したであろうにんじんケーキ

これも私の好きなJoy and Sorrow, 喜びと悲しみ なのです。



最後にお知らせです^^

いつもお世話になっている神戸/須磨のchouchou annexe さんにて
9月に開催されるfiori.さんの展示会fiori.×花緒にご一緒させて頂ける事になりました


個人的にも大ファンであるfiori.さんのアクセサリー
昨夏に続いて実演販売して頂けるとのこと。
お客様のイメージとfiori.さんの世界観から生まれる
数々のアクセサリーを間近で拝見できると思うと今からドキドキワクワクがとまりません

私もまだまだ準備段階ですがお客様の心に残るお洋服を
1着でも多く仕立てられるよう日々努力してまいります

またこちらでも詳しく紹介させて頂きたく思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致しいます^^


fiori.×花緒
2015.9.17(木)-19(土)
 *初日  10:00-18:00
 *二日目 通常通り 11:00-18:00
 *最終日 11:00-17:00 予定








[2015/08/01 16:45] ソーイグ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://111room111.blog.fc2.com/tb.php/122-36799fcf